誘導、受付、クローク

傘を取り間違えない工夫を真剣に考えてみた!

こんばんは!

誘導・受付・クローク リーダーの とくちゃん です。

まだまだ暑い日が続いているのに、
気づけばもう8月も終わり、、秋が迫ってきています。

秋といっても、まだまだ油断できないのが

そう、“台風” です!!

 

台風の影響で突然変わる天気のために、を持ち歩く人が増えてくると思います。

PeaceWorkは200人以上が参加するイベントで、雨の日は大量の傘が傘立てに置かれていきます。今回はそんな傘について記載してきます。

 

傘、特にビニール傘を使用している方々の共通の悩みは、他の人のビニール傘と区別がつきにくいということです!!!

そんな、万人共通の悩みについて真剣に考えてみて、間違えない工夫として6個のアイデアが出たので紹介します。

①輪ゴムを使用する♪

輪ゴムを傘の柄の部分につけて、他の傘と見分けるアイデアです!

輪ゴムは安くすぐ手に入るし、色や結び方を変えると、自分だけの目印が簡単にできます。

(※今回、アイデアを紹介するために用意したのが黒色の輪ゴムでしたが、なんと傘の柄の色と同じでした。分かりやすく画像を付けたのですが、分かりにくいですね。。。)

②紐を使用する♪

紐は①の輪ゴムと同様に、安く簡単に手に入るものです。

傘の柄に紐を結んでおけば、結び方次第で、完全に自分だけのオリジナル傘が出来上がります。

(※うまく結ばないと、他の傘に引っかかって解けてしまう可能性があります。)

③ストラップを付ける♪

自分の大好きなキャラクターなどのストラップを付けると、分かりやすい目印になります。

そして、帰りに傘を持った時に好きなキャラクターが待っていてくれると思うと、イベント後の寂しい気持ちは吹っ飛びます!

(※ただし、流行っているキャラクターのストラップを付けると、他の傘と偶然同じストラップをつけてしまい、分からなくなる可能性があります。)

④被り物を使用する♪ その1

人間が被る帽子などを、あえて傘に被せてしまうという、大胆かつ斬新な方法です。

ここまで傘自身が主張を始めてくると、自分の傘と他の人の傘とを間違えることは、まずなくなってくると思います。

(※ただし、上記③と同様の理由ですが、有名なキャラクターの被り物などを使用すると、他の人の被りものと被ってしまうかもしれません)

⑤被り物を使用する♪ その2

上記④の様に、有名な被り物をだと、他の人と被る可能性が高くなります。ただのハゲヅラだと、意外と被らないかも!!!

⑥衣服を使用する♪

ここまで工夫しても、まだ間違えてしまう人もいると思います。そんな場合の最終手段として、傘に服を着せてしまう方法を紹介します。ここまでくると、もう間違えることはないと思います。

(※ただ、一つだけ問題なのが、傘に服を着せた状態だと “傘立てに立てにくい”、ということです。。。)

 

皆さん、6つの中でしっくりとくるものはありましたでしょうか。

自分に合った方法を実践し、雨の日でも傘をきにせず、全力で PeaceWork を楽しみましょう。

 

ABOUT ME
とくちゃん
とくちゃん
誘導・受付・クロークのリーダーやってます☆ 岡山生まれ、岡山育ち、 IT系で、炭水化物が大好きです(≧∀≦)
LINEスタンプ

PeaceWork LINEスタンプ
音楽イベント「PeaceWork」の楽しい雰囲気を伝えたく、可愛らしいキャラのLINEスタンプをつくりました。

LINEスタンプでも「PeaceWork」をお楽しみください。

>>ダウンロード

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です